なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「赤みそラーメン」@らーめんの大樹の写真赤みそラーメン頂きました。今時ではないシンプルなトッピングの、ラーメンが到着!良いですね〜!!
塩分控えめなど微塵もない赤みそスープとても美味いです!!自宅から近いので、また行こうと思います

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺・凄平麺大盛り+チャーシュー+たまご」@らぁめん りきどうの写真ようやく凄平麺頂きました!早速ひとくち!ちゃんとズルッと啜れますね!噛むともちもち!良い感じのかみごたえ!スープとはそんなに絡まないんだけどそれが、良くて、麺の風味がとても感じられて美味いです!大盛りが、あっという間になくなってしまいました!これは傑作です!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「辛白湯 塩 大盛 メンマ 1,180円」@ラーメン翼の写真たっちゃん&いまむさんと来ました

濃厚な鶏白湯に辛味
お店オススメの辛白湯醤油を、たっちゃんがオーダーしたので、少しいただいたら絶品でした

麺が以前より絡むようになったかな

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「醤油そば 黒ばらのり チャーシュー刻み 970円」@麺切り 白流の写真オールお好みの鉄板オーダー
この日は、カレイ(焼)50、カタクチイワシ(煮)50
カタクチイワシの告知につられて来てしまった

+100円のチャーシュー刻み
炭の香ばしさや麺と一緒に食べたりと超オススメ
途中から黒ばらのりも合わせて幸せ

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 38件
80

「支那そば(880円)」@信濃屋の写真今月も所用で岐阜へ。そこで以前からずっと「一度は行ってみたい」と思っていたこちらへ初訪問。
11:15店に到着すると既に暖簾が掛かっていたので店内へ。すぐに店員さんが出てきて「11:30に始まりますので中で座ってお待ちください」と声をかけられた。
座敷に腰を下ろすとすぐに注文を聞かれたので「ころかけ」と「支那そば」をオーダー。
既に先客が3人いたがその後もぼつぼつと客がやってきて開店時にはほぼ満席となった。
店内を眺めていると実に歴史を感じさせるレトロな雰囲気。これは岐阜市の「丸デブ 総本店」もそうだったな。
やがて開店時間となりまずは「ころかけ」が運ばれてきた。これは「うどんデータベース」に投稿しておく。
ころかけをあっさり食べ終えると程なく支那そばも出来上がり。

まずはスープから。飲んでみるとうどんのつゆのように鰹節の風味が効いていてやや甘め。ただころかけほどはっきりとした甘さではない。大きな違いは表面には水玉の油が浮いているところで、これはラードらしくおかげでなかなかにラーメンのスープらしくなっている。
途中で卓上の胡椒をかけてみると更ににラーメンらしくなった。
麺は見た目がまさに「ひもかわ」。食べてみると先ほどのころかけとは違って硬めの食感。硬めと言っても「コシがある」というより「ややアルデンテ」という感じ。ただ表面はツルツルなので啜りやすい。
具はネギのみ。
5分足らずでスープまで完飲。

色んな意味で今まで食したことの無い独特な一杯だったが、まさに唯一無二の味で今回これを体験できて本当によかった。
接客も本当に素晴らしく客一人一人に丁寧に気配りをされていてこちらが恐縮してしまうほど。支那そばを待っている間は店主さんらしき方も厨房から出てきて声をかけて下さった。
まだまだ岐阜の名店を探してみよう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉ラーメン ¥780」@家系ラーメン 稲葉家の写真たまには家系でも、と思って思い出した新店のこちら。
初訪なので基本のにしようと思ったけど、ご飯も食べたかったので味玉トッピングで。
麺硬め、味濃いめ、油多めで頂きました。

スープはいかにもって感じの脂の多い豚骨醤油。麺も教科書通りの短い太ストレート。
途中で単調になりがちなスープを味変しようと思ってキョロキョロしたら、無臭ニンニクの壺が。
なんじゃそりゃ!?と思ったら、その横にグリーンニンニクなる壺発見!
ボトボト入れて大後悔(・・;) 帰ったら、また嫁さんに叱られる強烈さ!!
でも濃厚豚骨醤油にはバッチリでした。

麺啜り終えたらライスにホウレン草や海苔、味玉乗せてガシャガシャ頬張る。
これがたまりません!!!
王道か邪道か知らないけど、家系ラーメンの〆にはこれしないと食べた気がしないんですよね。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾ラーメン(白)+ライス+漬物」@台湾ラーメン 大吉の写真前々から行きたかったお店にようやく訪問できました♪訪問したのは平日の13時20分。ただこの時間でも店内はほぼ満席で後客も次々と訪れてくる人気ぶりです!
カウンターへと座りメインの「台湾ラーメン(980円)」を注文。通常はあっさりの「白」での提供らしいんですがこってりの「赤」にも言えば変更可能です。ただ僕は初訪問だったのでまずは基本の「白」でお願いしました。
そしてラーメン注文者には平日ランチサービスとしてライスと漬物が付くらしいのでそちらも頂く事に。ちなみに「特製 台湾まぜそば(980円)」は追い飯が無料になるらしいです。

到着したメニューを見てまず目につくのは巨大なミンチの塊りです!
まずはそのミンチをスープに溶かして一口...
スープが赤く変色し通常でも汗が噴き出てくるレベルの辛さです!追加料金で辛さ増しにも出来るので辛党の人には良いと思いますが、生卵が2個サービスで貰えるので辛党じゃない人は投入すると辛さが抑えられるかなと思います!
麺は平打ち麺でした。
具はミンチ、もやし、ニラ、ニンニクです。その中で印象に残ったのはもやしで、よく見かけるようなふっくら感は無くやせ細ったような見た目のもやしでした!量が多く細いので歯へのひっかかりが気になり僕は苦手でした!

ランチタイムのライスと漬物ですが提供されたライスの少なさにビックリ!ただ言えば多くしてもらえるらしいしお替りもできるらしいので良いサービスだと思います♪

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ブラザーズらぁめん…880円」@らあめん家ありがとう。の写真2019.1.17昼 ブラザーズらぁめん…880円、美のかも豚丼…600円
2008年オープン、隣接する加茂郡川辺町にある椎茸農場『しいたけブラザーズ』が生産する原木椎茸を使った品を打ち出した店。となるとこの価格設定では原価が合わないのでは?と訝しんだが、サイズや形状などを理由に正規販売されない規格外品を入荷・使用しているとの事。

その原木椎茸のみをベースにしたスープは、炒め野菜からの油脂分も手伝って物足りなさは皆無。それどころか、醤油と椎茸が五分に渡り合い、クリアながら頼もしい旨みを形成。

僅かにヤワめに仕上げた中細麺との相性も良いし、そこでソテーした椎茸を頬張ると更に旨みが暴発。日本人の琴線にビンビン触れまくる、そのまま過ぎるが【椎茸醤油ラーメン】というジャンルの勃興を期待せずにはいられない一杯だ。

市内で生産される地味噌で味付けした豚バラ肉と、シャキッとした水菜とのコントラストが楽しめる後者も堅実に美味い良品。

若年層にウケる要素は少ないが、個人的には好きなテイストの店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「酸辣湯麺 900円」@麺坊 炗の写真大好きな限定来ました
大盛と迷ったけど並をヒヤアツ

すごい!絶妙すぎる
もちろんラーメンズハイ

それにしても最近美味しいラーメンラッシュ

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 67件

「豚にぼ 850円」@二代目 白神の写真3回目!ボスと来ました
これが以前はレギュラーメニューだったんだよな
今回は、おそらくラスト

再登場に期待

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 23件